日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

処女が見た
ショジョガミタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年01月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Virgin Witness  
上映時間
83分  

「狸穴町0番地」の小滝光郎と「新・兵隊やくざ」の舟橋和郎が共同でシナリオを執筆「座頭市地獄旅」の三隅研次が監督したエロティック・ミステリー。撮影もコンビの牧浦地志。

スタッフ

企画
関幸輔
脚本
舟橋和郎小滝光郎
監督
三隅研次
撮影
牧浦地志
音楽
小杉太一郎
美術
下石坂成典
照明
伊藤貞一
録音
奥村雅弘
編集
菅沼完二
スチル
藤岡輝夫

ストーリー

京都・洛北にある西入庵の美貌の尼僧・智英尼は親寺の永光寺の住職・秀謙老師の紹介で戸崎和恵という女子高校生を預かることになった。十七歳の和恵は、伊勢湾台風で両親を失い、京都の叔父に引取られたが、厄介者扱いされる辛い生活の中で、次第に反抗的になり、飲酒がばれて停学処分を受けたことから、口論のすえ養母の叔母に刃物をつきつけるという事件を起したため、檀家の叔父夫婦の依頼で、智英尼のもとにあずけられたのだ。しかし、今まで、気ままな生活を送ってきた和恵にとって、妙仙尼や智英尼とともに起居をともにする尼寺の厳しい戒律にたえきれず、たびたび尼寺を抜けだしては、歓楽を楽しみ、智英尼を心配させた。だがある日、和恵と机を並べて西入庵へ書道の稽古に来ていた娘が、ことさら智英尼に甘えるのを見て、嫉妬した和恵は、狂ったように尼寺をとびだし、その途中三人の痴漢に襲われ、あわや、というところを智英尼に助けられた。それ以来智英尼と和恵の間には、暖い心の交流が生れるようになった。やがて和恵の停学処分もとけた。そんな時、親寺の秀謙老師が急死しその後釜に、行俊という若い和尚が永光寺にやってきた。そしてある日、恒例の茶会を数日後に控え行俊のところへ、由緒あるお茶碗を借りに出かけた智英尼は、蔵の中で、無理矢理行俊に犯されてしまった。智英尼の心はちぢに乱れ毎夜、一心に読経を続け、身のけがれを恥じた。が、そんな一方、智英尼の奥底にねむっていた、女の性は、よびさまされ、次第に男の不思議な魔力にとりつかれていった。やがて正月がやって来た。智英尼は和恵や妙仙尼を町へ遊びにだし、行俊の来訪をまった。智美尼は重なる不倫のすえ、ついに身籠ってしまい、それを告白しようと行俊を呼んだのだ。だが、昨今の智英尼の奇妙な態度に不審を感じた和恵が、これをかい間見ていた。道ならぬ真昼の情事を和恵は見てしまったのである。和恵の夢は完全に打ちひしがれ、彼女は激しく智英尼をなじると、そのまま西入庵をとびだし、街にさまよいでた。そしてある日和恵は、新聞で智英尼が入水自殺をしたことを知った。西入庵には和恵あての長い遺書がしたためられてあった。十七歳の処女和恵の目は鋭い殺意に輝いた。そして、ある日、行俊は和恵の手で湖上深く葬られた。「庵主さまの仇や」とつぶやく和恵の瞳は異様に冷く冴えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。