日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十七人の忍者 大血戦
ジュウシチニンノニンジャダイケッセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年01月26日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
SEVENTEEN NINJA  
上映時間
87分  

「刑事 (デカ)」の池上金男と「間諜」の鳥居元宏が共同でシナリオを執筆、鳥居元宏が監督した忍者もの。撮影は「主水之介三番勝負」の赤塚滋。

スタッフ

企画
天尾完次本田延三郎
脚本
池上金男鳥居元宏
監督
鳥居元宏
撮影
赤塚滋
音楽
津島利章
美術
富田治郎
照明
井上耕一
録音
荒川輝彦
スチール
中山健司
編集
神田忠男

ストーリー

三代将軍家光が逝去し、その期を狙った由井正雪の謀叛が老中松平伊豆守のために失敗に終った動乱のころ。紀伊五十五万五千石頼宣は、秘かに鉄砲火薬を集め、甲賀忍者に守らせ、虎視耽々と将軍家を狙っていた。だが、これを察した伊豆守も、甲賀者を迎えた紀州家の謀略の狙いを、諸大名が江戸に集まる御代替りの大評定の日と考え、それまでの十日間に紀州の火薬鉄砲を破壊するように伊賀半蔵に命じた。しかし、この伊賀と甲賀の大血戦を前にしても伊賀忍者弓削新三郎は、ふと知りあった甲賀の頭目甚左衛門の娘結香が忘れられず、結香もまた新三郎に恋こがれていた。しかし、忍者の世界で他組との縁組が許されるはずはなかった。そんなうちにも、すでに伊賀と甲賀の和歌山城をめぐる血で並をあらう忍者合戦は始められていた。そしてある日半蔵は、暗闇にまぎれて大手堀を押渡るすて身の攻撃を敢行した。だが、これは甚左衛門にいち早く見破られ、罠におちた伊賀組は、攻めいった大部分が斬られ、半蔵は捕えられた。勝った甚左衛門は、さらに絶対の備えを期して、太鼓櫓の火薬鉄砲を墨館に移した。大評定の日はあと三日後に迫り、新三郎は火薬の有りかを探る窮余の一策として、くノ一下柘植の小猿を城に潜入させた。小猿は見破られ斬られながらも、死力を尽して半蔵に近づき、火薬が墨館に移されたことを告げた。一方新三郎へのつのる恋情を押えきれなくなった結香は、盲目の甲賀忍者大原三右衛門の助力で半蔵に会ってわけを話した。この盲目の忍者は、実は新三郎の実父だったのだ。結香は半蔵から、彼女の心の偽りがないことを証明する守り袋をもらい、新三郎のもとにかけつけた。守り袋には城の見取図と墨館の有りかが刻明に記されていた。新三郎はただちに手勢を引きつれて甲賀組を奇襲した。半蔵も、自ら得意の忍術で手枷の錠を外し、甚左衛門を斬り、爆薬を城に仕掛けた。この死闘で、甲賀組は全滅し、勝った伊賀組もその大半を失った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。