日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おんな番外地 鎖の牝犬
オンナバンガイチクサリノメスイヌ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年10月15日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「続・兵隊やくざ」の舟橋和郎がオリジナル・シナリオを執筆、「いろ」の村山新治が監督した“おんな番外地”シリーズ第一作。撮影は「おゝい、雲!」の林七郎。

スタッフ

企画
園田実彦
脚本
舟橋和郎
監督
村山新治
撮影
林七郎
音楽
富田勲
美術
中村修一郎
照明
森沢淑明
録音
広上益弘
スチール
藤井善男
編集
田中修

ストーリー

私は平山妙子といいます。妻のいる葉山雄策を愛するようになり、妻を離別するという葉山の言葉を信じたのですが、葉山は私を親友滝村弘二に犯させ、あげくの果てに、私を捨てました。私が今、この雑居房に入っているのも葉山を刺し、滝村を刺した罪によってです。七年の刑を言い渡され九人の仲間と同房にいる私は、オールドミスの久保看守を手古摺らせ、皆の注目の的となりました。特に小児麻痺でチンバの無期懲役囚藤崎悦子は、夜毎同性愛を迫って来ました。何の希望もない悦子に同情した私は、言われるままになりましたが、密告され、悦子は久保看守に厳しく折檻されました。密告者をさがそうと騒いだ悦子はとうとう独居房に移されました。不当に悦子を殴ったり叩いた久保看守を、私は岸本管理部長に訴えました。しかし、久保を恐れた皆は、応援をしてくれることもなく私は、以後久保看守にさんざんいじめられるはめになりました。その私を励ましてくれたのは岸本さんです。独房の淋しさに耐られず悦子は自殺し、私は久保看守へ復讐を誓いました。ベテランのスリ小野照代が入所して来た時、私は脱走を計画しました。照代となれあいの喧嘩をし、とめに入った久保看守から鍵を奪ったのです。しかしこれは完全に失敗でした。だが、久保看守と所員に対して憤懣をぶちまけた私の言葉で、久保看守は辞表を提出しました。彼女が結婚に破れて人柄が変わったとは後で聞いた話です。独居房に移された私は、妊娠五カ月の身重に無理がたたり、流産し危篤状態でしたが、岸本部長、有馬医師の看護で回復し、私は人情の暖かみに初めて触れたのです。今、私は美容師の免状をとるため、毎日いそしんでおります。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。