日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かも(1965)
カモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1965年10月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
The Dupe  
上映時間
81分  

「いろ」の成澤昌茂がシナリオを執筆、「ダニ」の関川秀雄が監督した“夜の青春”シリーズ第四作目。撮影もコンビの仲沢半次郎。

スタッフ

企画
園田実彦
脚本
成澤昌茂
監督
関川秀雄
撮影
仲沢半次郎
音楽
内藤法美
美術
森幹男
照明
銀屋謙蔵
録音
小松忠之
編集
長沢嘉樹
スチル
田中真紀夫

ストーリー

クラブ・ブルースターのキャプテン沢田健は、女をカモりバーやキャバレーをたらいまわしにして金をしぼりとり、今では莫大な金を銀行に貯金していた。彼には「世界中で一番可愛いなア銭だ。もっと可愛いのは俺さまだ」という不条理の強さがあった。そんな健にも、むつと言う風俗嬢の内妻がいた。だが所詮むつも金を絞りとるための道具にすぎなかった。やがてむつにあきたらなくなった健は、同じクラブに働くホステス恵美子をオトしてパトロンを探し“恵美”というバーを開かせ、さらに喫茶ガールゆきと強引に関係を持ち、“恵美”で働かせた。しかし金銭欲のとりこになった健は、こんなことでは満足出来なかった。早速彼は、女工あがりの娘則子をかもって、ホステスに仕立てあげ、バーやキャバレーをたらいまわしにして、金を絞りとった。健は得意の絶頂にいた。好きな女を動かして金を握る。それだけが彼の生きがいなのだ。ところがある日、別れた内妻むつが健の行状をブルースターの社長石堂に密告した。怒った石堂のために女から吸いあげた貯金を奪われた健は、あせって何とか金づるをつかもうと、ゆきにパトロンとして呉服屋の番頭片野をつけた。しかし騙されたと知った片野は、ある日路上でゆきを刺してしまった。しかも、ちょうど同じころ、則子が健の子供を宿した。いやがる則子を健は無理矢理手術させた。だが、手術は失敗し、則子は女としての機能を失ってしまった。則子は健への復讐を誓った。しかしそれよりも早く、則子の悲惨な姿を見て激こうした友人の空手部員の学生が健を捕え、私刑をくわえた。おりしもやって来た則子は、ハイヒールで健の顔をふみにじると、彼の内ポケットから彼の生命ともいうべき七十万円を抜きとっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。