日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

六人の女を殺した男
ロクニンノオンナヲコロシタオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年07月31日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「赤ひげ」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、「女めくら物語」の島耕二が監督した喜劇。撮影は「花実のない森」の小原譲治。

スタッフ

企画
財前定生
脚本
小国英雄
監督
島耕二
撮影
小原譲治
音楽
大森盛太郎
美術
間野重雄
照明
木村辰五郎
録音
飛田喜美雄
編集
鈴木東陽
スチル
大葉博一

ストーリー

売れっ子抽象画家の阿部健は、芸術家仲間では小心で真面目な男で通っているが、生来の女好きが災いして、幾度か痛い目に会ったこともある。妻の貞子は、そんな健の尻を叩いては、健の才能を唯生活費の捻出機としてしか認めていなかった。そんな健のよき理解者は親友のピアニスト加納哲也であった。ある夜、健と大喧嘩をした貞子は、派手に転んで頭を打ち、頭蓋骨骨折であの世ゆきとなった。その後に坐ったのは、健のゆきつけのバーのマダム恵美子。健は恵美子から正式に籍に入れて欲しいと言われ、手続きをとったがすぐ後に、恵美子は健の浮気をネタに離婚話を持ち出し、慰謝料を二千万円ふっかけた。流石の健も怒り心頭にきて襲いかかろうとしたとたん、恵美子は激しくドアを閉め、そのはずみで落ちたシャンデリアの下敷となり即死した。憔悴して温泉場へ来た健は、田舎娘千代を伴って帰京したが、芸術家夫人におさまった千代のアプレ振りに、ほとほと手を焼いて自動車事故と見せかけ、心中をはかったが、健だけ一命をとりとめた。病院に入った健は、献身的なサービス振りにまいって、看護婦芳江を第四夫人にした。ところが芳江は、完全恢復に至らぬ健に夜毎関係をせまり、さらに二千万円の生命保険を契約していた。身の危険を感じた健は、心中を装って彼女を毒殺した。相次ぐ不幸にしょげた健に近づいたデザイナーペギー稲山は、健とタィアップして新しい色彩理論をうち出そうと話をもちかけたが、彼女は健の新理論は自分の原画の盗作だとニュースをばらまき、デザイン界のトップレディーに躍り出た。怒った健は彼女を遊園地に誘い出し、ワンダー・ホイルから突き落した。事故死と断定され、えたりと帰宅した健は、ハウス・キーパー兼子に、所業を見破られ、さらに、もし自分が危険にさらされた時はメモが警察に届く仕掛だと迫られた。兼子をかって一度抱いたことのある健は彼女をベッドに誘い、浴室に入っている彼女を見すかして、ガス栓をひねって、殺害した。遂に警察に送られる健は、かえってホッと胸をなで下ろしていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。