日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

さすらいは俺の運命(さだめ)
サスライハオレノサダメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年04月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Rambling is My Destiny  
上映時間
86分  

瀬木俊郎の原作を「ギター抱えたひとり旅」の山崎巌と「拳銃野郎」の井田探が共同で脚色、井田探が監督した「ギャンブラーシリーズ」第六作目。撮影は「東京五輪音頭」の中尾利太郎。

スタッフ

企画
児井英生
原作
瀬木俊郎
脚色
山崎巌井田探
監督
井田探
撮影
中尾利太郎
音楽
大森盛太郎
美術
松井敏行
照明
三尾三郎
録音
中村敏夫
スチール
目黒祐司
編集
井上治

ストーリー

ヤクザ仲間の争いで、恋人利子を失った氷室浩次は、二度とダイスを持たないことを誓って利子の墓を訪ねた。墓には利子の姉咲江とその子供順がお参りしていた。そこへこの町の議員をしている貴島の娘杏子と、賭博屋・政がやってきた。氷室はこの町のボス延岡の賭場で一もうけしようとする政の誘いを断り、杏子の無軌道ぶりをいさめて町へ帰った。町では咲江の経営するレストラン・ハウスが延岡の乾分にいやがらせを受けていた。みかねた氷室は、乾分たちを海岸に連れだし殴り倒した。しかし巧名心にかられた政の口から、氷室が、名だたるダイスの名人であることが知れ渡った。一方貴島は莫大な金をレストラン・ハウスにつぎこみ咲江をしばり、二号にしようとしていたが咲江が自分の自由にならないと知ると、腹いせに腹心の都下延岡を使ってレストラン・ハウスをつぶそうとしていた。さらに延岡は、殺し屋・柏木と三村を使って氷室を狙わせた。そしてある日、氷室は海岸で柏木と三村の拳銃にとりかこまれた。が、そんな氷室を救ったのは政の拳銃であった。一方レストラン・ハウスの経営はしよいよ苦しくなりこ氷室は咲江のためにダイスをにぎる決心をした。柏木とのサシの勝負。レストラン・ハウスの借金を棒引きにするか氷室が町を去るかを賭けようというのだ。氷室にイカサマ・ダイスを見破られた柏木は乾分に氷室を襲わせた。大乱闘の末、氷室は延岡らを海岸に追いつめた。岩穴に逃げこんだ延岡らの上に岩がくずれ海水が流れこんだ。貴島も前非を悔いレストラン・ハウスを咲江にかえした。氷室は今は改心し彼を慕う杏子の想い出を胸に秘め、またさすらいの旅に出ていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。